低アルカリカラーを使ってカラーを入れる

低アルカリカラーを使ってカラーを入れる

カラーリング剤は、アルカリ性のものが主要となっています。
アルカリの力によって、黒髪を明るくすることが出来るからです。
低アルカリカラーとは、アルカリ値が従来のカラー剤よりも低いものとなっている、
黒髪を明るくする力が低いカラーリング方法で、
キューティクルを開いて、色味だけ発色するカラーの働きをします。
髪の黒の根元には、アルカリカラーが必要となりますが、
毛先のダメージで弱っているところには脱色剤が必要ないため、
色味だけの、やさしい薬となっている
低アルカリカラーを利用することが効果的となっています。
毎回毛先まで色を入れると傷んでしまうと考えている方や、
パーマも同時に施術してもらいたいと考えている方、
パーマをかけた毛先だけにカラーリングをしたいという方、
ダメージに敏感な方といった、
さまざまな方におすすめのカラーリングとなっています。
ヘアスタイルを考える際に、
髪のきれいさというのは非常に重要なものとなってきます。

どれだけ素敵なヘアースタイルにしても、
髪のダメージによって髪が傷んでしまっていては、
その魅力は半減してしまうことになるでしょう。
そのため、髪のダメージについて考えることは、
非常に重要なことといえるでしょう。
カラー直後の髪のぱさつきを減らしたり、
色落ちスピードが遅かったり、ツヤ感が出たりと、
さまざまな魅力を持っていますので、
興味のある方は、一度試してみてはいかがでしょうか。
カラーを入れたいが髪のダメージに困っているという人は、
その問題を解決しながら施術が出来る良い方法となっています。

 

 


このページの先頭へ戻る